症例で解説する確定診断方法

紹介した症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。

2歳で症状発現、5歳で確定診断に至った症例
動揺性の歩容(疲労時)