SMA One Webセミナー情報

現在予定されているセミナーはございません。

下記セミナーは終了いたしました

脊髄性筋萎縮症(SMA)の診断と治療


渡辺  保裕  先生    
鳥取大学医学部附属病院 脳神経内科

2019年 11月 14日(木)  
19:00~20:00

脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy:SMA)はSMNタンパクの欠乏により、下位運動ニューロンが変性し、四肢や体幹の筋萎縮をもたらす常染色体劣性遺伝の神経筋疾患である。2017年9月より、SMA治療薬として、「スピンラザ髄注12㎎」が臨床で使用が可能になり、脳神経内科においても、診断・治療が大きく変わりつつある。本講演では、当科の成人SMA患者3例の症例を提示しながら、臨床経過、治療例の実際も含めて解説する。

Web講演会
視聴に関する
お問い合わせ

木村情報技術株式会社:サポート窓口

受付時間:月~金   9:00~18:00  
土日祝祭日を除く(本番当日は終了時間までサポートいたします。)

SPI-JPN-0516